教育講演会

←教育公開講座一覧へ戻る

 

第21回教育講演会 ご挨拶

この度第21回日本消化器病学会東北支部教育講演会を担当させていただき、大変光栄なことと存じ一言ご挨拶申し上げます。

今回の教育講演会では、消化器病の日常診療に役立つテーマについて、特に最新の進歩を交えてご講演いただく内容としました。チオプリン製剤に対する副作用予測が保険収載となった炎症性腸疾患、免疫チェックポイント阻害薬の導入により変化した胃癌・大腸癌に対する化学療法、肝炎ウイルスが退治され新たな時代を迎えている肝炎・肝硬変治療、致命率の改善がみられる急性膵炎、術前化学療法の有効性が示された膵癌、また重要な疾患でありながら、なかなかお話をお聞きする機会がない消化管悪性リンパ腫を取り上げました。

消化器病専門医や指導医を目指す、あるいは更新される先生方にとって有意義な会となりますように教室員一同準備させていただきます。多くの会員の先生方にご参加いただきますことを心よりお願い申し上げます。

2019年4月吉日
(財)日本消化器病学会東北支部
第21回教育講演会
会長 正宗 淳


第21回教育講演会
会  長 正宗 淳
(東北大学 消化器病態学分野)
会  期 2019年10月20日(日) 9:00〜15:10
会  場 仙台国際センター
内  容

講演1

「消化管リンパ腫の診断と治療」
講師:中村 昌太郎(岩手医科大学 消化器内科消化管分野)
司会:飯島 克則(秋田大学大学院医学系研究科消化器内科学・神経内科学講座)

講演2

「炎症性腸疾患の薬物治療」
講師:角田 洋一(東北大学 消化器病態学分野)
司会:松本 主之(岩手医科大学 消化器内科消化管分野)

講演3

「食道癌・胃癌薬物療法の新展開」
講師:室 圭(愛知県がんセンター中央病院 薬物療法部)
司会:河野 浩二(福島県立医科大学 消化管外科学)

講演4

「肝炎、肝硬変診療の進歩」
講師:後藤 隆(秋田大学 消化器内科学・神経内科学講座)
司会:大平 弘正(福島県立医科大学 消化器内科学)

講演5

「急性膵炎診療の進歩」
講師:吉田 仁(昭和大学 消化器内科学部門)
司会:海野 倫明(東北大学 消化器外科学分野)

講演6

「膵癌に対する集学的外科治療」
講師:元井 冬彦(東北大学 消化器外科学分野)
司会:正宗 淳(東北大学 消化器病態学分野)

ランチョンセミナー

「肝癌診療 update: 高危険群の変貌から分子標的治療まで」
講師:建石 良介(東京大学 消化器内科学)
司会:上野 義之(山形大学 消化器内科学)

参加者数

約400名予定

参加方法

ホームページによる参加申込み

申込期間:2019年6月3日〜

参加費 3,000円
更新単位 18単位
連絡先 〒980-8574 仙台市青葉区星陵町1-1
東北大学大学院消化器病態学分野内
日本消化器病学会東北支部第21回教育講演会 事務局
TEL:022-717-7171/FAX:022-717-7177
E-mail:jsgetb@gastroente.med.tohoku.ac.jp